いちごのお話

GOGO! 大和郡山

先日、奈良の大和郡山の「いぬいファーム」さんにお邪魔してきました。
只今ガレットで絶賛開催中の「いちごフェアー」で使っている「完熟あすかルビー」の生産農家さんです。

広い広い畑の中にいちごのハウスが建ってます。いちごのハウスは温度管理のため2重構造、中に入るといちごの香りに体が包まれて「春~♬」です。長いうねには沢山のいちご!順に育っていくので一つの株に色んな大きさがなっています。

そしてハウスのまん中に不思議な箱?「それはミツバチの巣箱やよ」「ハチがいないと美味しいいちごができんの」(ミツバチは農薬に弱い生き物ですぐ弱って受粉作業をしなくなります。と言うことは、ミツバチを放している農園は、開花後、農薬を使わない農園ということになります) 他にも光合成のための炭酸ガス(二酸化炭素)の濃度管理、もみ殻で作った自家製堆肥、温度管理、水やり…  いちごを育てて30年以上の経験とノウハウが近所でも、いちご生産者仲間にも「いぬいさんのいちごは美味しい」と言わせるのです。その上若いうちに摘んでしまう市場の出荷用が嫌で、完熟を収穫してすぐに届けるルートを開拓されたり、いちごへの愛が伝わってきます。「でも長くやってても、いちごは毎年同じじゃないのよ」

そしてハウスのまん中に不思議な箱?「それはミツバチの巣箱やよ」「ハチがいないと美味しいいちごができんの」(ミツバチは農薬に弱い生き物ですぐ弱って受粉作業をしなくなります。と言うことは、ミツバチを放している農園は、開花後、農薬を使わない農園ということになります) 他にも光合成のための炭酸ガス(二酸化炭素)の濃度管理、もみ殻で作った自家製堆肥、温度管理、水やり…  いちごを育てて30年以上の経験とノウハウが近所でも、いちご生産者仲間にも「いぬいさんのいちごは美味しい」と言わせるのです。その上若いうちに摘んでしまう市場の出荷用が嫌で、完熟を収穫してすぐに届けるルートを開拓されたり、いちごへの愛が伝わってきます。「でも長くやってても、いちごは毎年同じじゃないのよ」

パティスリーガレット

大阪市平野区平野本町5−14−17

9:30〜20:00 月曜日定休

TEL 06-6796-6686

この記事を書いた人

久保 徹也

久保 徹也