ライ麦ガレット

ライ麦ガレット
素材感が前面に出たおいしさ!
粉、バター、塩、卵

ブルトンヌはどちらかと言うと洗練されていて
優等生
もうちょっと荒いガレットが作りたい

全粒粉や粗びき粉などを試しても…

北海道の製粉会社
江別製粉さんに
「なにか、いい粉ないですか?」と相談
(ちなみにガレットが使っている粉は全部江別製粉さんです)

そして勧めてもらったのが
ライ麦粉でした
「絶対おもしろいから試してください」

そこまで言われたら
試さないわけにはいきません
全量置き換えではバラバラ
整形出来て
粉感が伝わって

配合をいろいろさわって
焼いて
食べて
焼いて
食べて
食べて
食べて…


誕生したのが
ライ麦ガレットです

え~~
ライ麦って
すっぱいでしょ

そう
私も最初はそう思ってました
ライ麦パンって
ちょっと酸味があります

でもライ麦ガレットは
すっぱくありません

それは
ライ麦パンを発酵させる酵母が
すっぱいからなんです

だ・か・ら
ライ麦粉がすっぱい訳ではないんです!

はい
ライ麦のお話はこの辺で

ライ麦ガレット
北海道の大地の美味しさが
ダイレクトに伝わります

粉の素朴なおいしさが
発酵バターを引き立てます
ゲランドの塩を際立たてます
純稙たまごの深みを出します

ほらほら
素材感が前面に出た
ライ麦ガレット
食べてみたくなったでしょ

この記事を書いた人

久保 徹也

久保 徹也