ついついひらの 第54回 「ファー・ブルトン」

12月のついついは「ファーブルトン」です

クレープの生地を型に流して焼いたようなお菓子…?
なんといいますか、モチャッと美味しいのです。
中にはセミドライのイチジクとアプリコットが入っています。
フランス北西部ブルターニュ地方に古くから伝わるお菓子。でファーとは、粥のことです。
だからファーブルトン
北海道産の生クリームのこくと、岡山県産新たまごの膨らみ、喜界島の粗糖の優しい甘さ、そしてモチャッとした食感が美味しい焼き菓子です。

ひとつ380円です

この記事を書いた人

久保 徹也

久保 徹也