ガレット通信 VOL.11「チョコレート」

ガレット通信 VOL.11「チョコレート」
 毎年2月、3月はイベントも重なってチョコレートが無性に食べたくなりますよね~!今回は、チョコレートのお話をしますね。チーフは、実はチョコレートが大好き。なので、ガレットで使っているチョコレートにはこだわりがあります。ベルギーの皇室御用達「カレボー社」のチョコレートを使っています。このカレボー社のチョコが使いたくて、たくさんある業者さんの中から、今お世話になっている業者さんを決めたくらいです。某有名なチョコ専門店も使っているチョコレートなんですよ~。「クーベルチュールチョコレート」と言って安定剤とか乳化剤とかいろいろな添加物の入っていない純粋な製菓材料用のチョコレートを使っています(厳密にはカカオ分とか油脂分とかいろんな規定があります)。このクーベルチュールチョコレートを、最近よく耳にするかもしれませんが「テンパリング」と言って温度調節をしてカカオの粒子を均一に整えてあげます。そうすると、チョコレートがしっかりとカカオの味を主張しながら口の中ですーっと溶けて行く状態になります。手作りチョコを作ったことがある方なら分かってもらえるかもしれませんが、この作業がなかなか大変!ちょうどいい温度を外れてしまうとその口どけの良さは味わえないんです。だから、温度との戦い!それから、湿度が高いのもダメ。なので天気の良い日に温度計を常に見ながらひとつひとつ丁寧に作っているんですよ~!とっておきの「トリュフ」や「オランジェ」、「アマンドショコラ」、「マンディアン」などなどが登場しています。もうひとつおススメが最近流行りの「テリーヌショコラ」!生チョコと生地を練り合わせて木の実やフルーツなどと合わせて作ります。今年は「ビターチョコにクルミ&ラムレーズン」と「ホワイトチョコにピスタチオ&フランボワーズ」の2種類。まったりと濃厚な贅沢な美味しさがやみつきになりますよっ!大好きな方とご自分へ♥ガレットの美味しいチョコレートいかがですか~(*^-^*)

「編集後記」
今年カレボー社から「ルビーチョコレート」という、ルビーカカオ豆内に天然に存在する独特な成分により、これまでになかったフルーティーでピンク色のかわいいチョコレートが出ました。この自然のかわいいピンク色が今年は大流行り!もちろんガレットでも「ルビーチョコ」のトリュフ作りました。他にも何か新しいお菓子が出てくるかも!乞うご期待(^^)/

この記事を書いた人

masako-kubo

masako-kubo