ついついひらの 第51回 「コンベルサシオン」 

コンベルサシオン
サクサクパイとしっとりダマンド、ぱりぱりグラスロワイヤル。

カロリーの事なんか気にせず食べて、フランスのお菓子文化の奥深さが垣間見られるようで、ホンマに美味しいと思う
by チーフ

パティスリーガレット 大阪平野区です。

9月のついついは「コンベルサシオン」です。
パイ生地でクレームダマンドを包んで、グラスロワイヤルを塗って焼き上げます。中に洋ナシのコンポートを詰めました。
サクサクのパイ生地とカリカリのグラス、しっとりダマンドに洋ナシの果汁がしみて…

コンベルサシオン(conversation)は、フランス語で『会話・おしゃべり』という意味があります。
コンベルサシオンを食べながら楽しいおしゃべりに花を咲かせてみませんか? 
一個420円です。

この記事を書いた人

パティスリーガレット

パティスリーガレット