ガレット通信 VOL.4「平野郷なつまつり」

「夏まつり」
こんにちは!ガレットの販売責任者・スマイルメッセンジャーの久保正子です。7月に入り、いよいよ夏本番。しっかり食べて寝て、暑さに負けずに楽しい夏を過ごしましょう! さて、7月と言えば…、そうです!ここ平野では「杭全神社平野郷夏まつり」が開催されます。赤ちゃんからお年寄りまで町中が楽しんでいる“だんじり祭り”。江戸時代から300年続くこのお祭りを少し紐解いてみましょう!なんと始まりは平安時代。坂上田村麿の子、廣野麿が祇園社を創建し、悪疫や天災を鎮めるために祇園会が始まったそうです。次第に祭礼として形を整え賑わいを見せるようになり、江戸時代中期に神輿、布団太鼓、だんじりを出し物とする現在の形になったそうです。(杭全神社HPより)毎年7月11日から14日までの4日間行われる夏まつり!11日は神輿と太鼓台の足洗神事、12日は南港通りに九町のだんじりが全て揃う九町合同曳行、13日は各町だんじりの宮入、14日は神輿と太鼓台の宮入があります。毎年30万人を超える人で賑わう「杭全神社平野郷夏まつり」。今年もご安全によいお祭りになりますように!

 そして、ガレットの軒先には前日から5日間、毎年「御神灯」が吊るされます。御神燈は、ご先祖様に迷わず帰って来ていただく為の道標なのです。夜になると御神灯に灯りが点りなんとも風情があります。御神灯の似合うケーキ屋さん!インスタ映えまちがえなし(笑)。また、ガレットの代表窯番の久保徹也は「赤提灯」という世話役を仰せつかっております。毎年「たいへん、たいへん!」と言いながら、打ち合わせをしている世話人さんたちは、みんな嬉しそう(*^-^*)。ガレットにはこの時期、いつもにも増してニコニコしている大人たちが集まってきます。お祭り本番はお店は私たちガールズがお店番してます(^^)/ 涼みに来てくださいね~(^_-)-☆ 

「編集後記」7月31日と8月1日の二日間は「三十歩子供まつり」があります!将来の平野のお祭りをしょって立つ子供たち。どんなに小さな子でも、お兄さんたちのように、かっこよく法被を着こなして、うちわを持って「よい~よい~」と踊る姿はたまらなくかわいい♡です。 さあ、みなさん夏が来ましたよ!熱中症にはくれぐれも気を付けて、夏の思い出たくさん作りましょう~(^^)/

この記事を書いた人

masako-kubo

masako-kubo